FC2ブログ

 

 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

一昨日、無事に終わりました。

ご来場くださったお客さま、お世話になりました秋篠音楽堂のスタッフの皆さま、共演者の北端くん、先生方、先輩、後輩、友人のみんな、親族の皆さま、父、母、沢山の方々に支えられて無事に終える事が出来ました。
本当にありがとうございました。

そしてもう一人の共演者、一緒に演奏して下さった岡部さん無くては今回の演奏は出来ませんでした。岡部さんには高校の頃からもうお世話になりっぱなしで、本当に本当にありがとうございました感謝してもしきれません

今回のセットリストは
F.シュミット/伝説 作品66
C.ロバ/《9つのエチュード》より バラフォン、ジャングル
B.マントヴァーニ / 霧雨の白熱
C.P.E.バッハ / 無伴奏ソナタ Wq132
F.デュクリュック/ソナタ 嬰ハ調

やりたい曲と聴きやすさのバランスをめっちゃ考えたつもりでしたが、結局かなり重くなってしまいました。。そしてめちゃくちゃキツイ
去年の秋にプログラムを考えている段階で現代曲を入れたいと言う私の希望を岡部さんは快く受け入れて下さりかなり負担をかける事になってしまいましたが
2人で曲を組み立てていくのはとても楽しくて、そしていろいろ勉強させていただきました

今回の演奏会でとりあえずユングムジカとしてのお仕事も終わり。一つの区切りとなりました。

自分が育った奈良で演奏したいと思い、オーディションを受けたのが去年の4月。

一年かけてこの日のためにいろいろやってきました。

本番はとにかく夢中になって演奏してました。でもびっくりする程冷静な自分もいました。

今回は1時間プロという未知の領域に踏み込んで、今の自分の良さも悪さも如実に出たのではないでしょうか。

なんだか今回の本番数日前からいろいろな事を考えたり、思い出したり、それについてまた考えたり。。
未だにまとまっていませんが、、、これを機にしっかり考えたいと思います。

私にしては珍しく長くなってしまいましたが

沢山の方々に支えられて今回のコンサートが出来て本当に嬉しいです!

また次回聴いていただく為にもっとサックスが上手くなりたいもっと充実した音楽にしていきたい

そのためにも日々精進ですね

頑張ります!

これからも応援よろしくお願いいたします☆


それでは、取り急ぎお礼まで。



寺田麗美



あ、写真はバタバタして撮り忘れていた自分に友達が送ってくれました終演後の脱け殻な私。腕が太すぎて顔くらい幅あります(笑)ダイエットせねば

スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 れみブログ, all rights reserved.

寺田麗美

Author:寺田麗美
奈良県出身。13歳よりサクソフォンを始める。
奈良県立高円高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部を経て2010年同大学大学院修士課程音楽研究科修了。在学中に同大学院音楽研究科ティーチング・アシスタントを務める。
日本サクソフォン協会主催第5回Jr.サクソフォン・コンクール入選。第4回大阪国際音楽コンクール第1位。エランドール賞受賞。
浜松国際管楽器アカデミー&フェスティヴァルにてジャン=イヴ・フルモー、オーティス・マーフィー各氏のマスタークラスを受講。2007年渡仏、GAP夏季大学において研鑽を積む。
学内試験優秀者による第35回藝大室内楽定期にサクソフォン四重奏で出演。
秋篠ユング・ムジカ第9期生に選ばれ秋篠音楽堂(奈良県)にて、年間を通して音楽堂主催の演奏会に多数出演、好評を博す。
文化庁主催、『霞が関から文化力』東京藝術大学プロデュース霞が関コモンゲートミニコンサートに出演。
ブルガリア共和国首都ソフィアにてブルガリア国立ソフィア・フィルハーモニーとH.Tomasi作曲『concerto』を共演。
現在は東京を拠点とし、各地においてソロ、室内楽の他、吹奏楽の公演やレコーディングに多数参加する等の演奏活動の傍ら、後進の指導にもあたる。練馬区立中学校外部指導員
これまでにサクソフォンを前田昌宏、冨岡和男、平野公崇、室内楽を中村均一、大和田雅洋の各氏に師事。

ブログ (27)
演奏案内 (6)
Sax、音楽 (6)
旅行 (0)

出演情報を随時upしています♪

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。